筏師 チヌ戦記

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
24
25
26
27
28
30
31
05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、黒神で釣れない理由。

黒神の筏ダンゴ釣りで、最近釣果が良くないな~
って思っている人いませんか~。

その理由が知りたい人は
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hirauchi-tosen/
をクリック。
秘密はココにあります。



答えが分かりましたか~?


そーです、身筏周りと磯周りにチヌが移動しているみたいです。
(フカセ師にはたまらない状況)

で、たまーに 空筏にも回ってくるようです。


なので、平内渡船で阿多々島に行こう~っと!!



悩まず、戸惑わず、チヌをクリック・クリック。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

黒工杯テスト釣行 IN 大黒神島 PART2

5月19日(日)の釣行の続きです。

48cmのチヌが釣れ、連発するのか~と思い 撒き餌ダンゴを
コンスタントに打ってチヌを集め ようとしてみたのですが
チヌが
「おらーん!!」
餌取りすら
「おらーん!!」 
130519_092128.jpg 
って事で~お得意の中層サバ釣りスタート!!

隣では高橋さんが40cmオーバーのサバや 40cm弱のアジ
などガンガン釣上げてます。
なのになぜかオイラは35cm前後のショボサバ ばかり。

なぜ釣れないのだろうと思っていると、
高橋さんが 「底でダンゴアタックがあるよー。」と言うではないか
底釣りに変更しダンゴを落とし込むと確かにダンゴアタック。
でもチヌのダンゴアタックとはちょっと違うような感じ。
ダンゴが割れ刺し餌が出てもまったく当たりなし。
おかしいな~団子の周りに何かがいるはずなのにー。

なのでガン玉を付け団子が割れた直後に竿を思いっきり振り上げ
てみました。するとなんと
ヒッ~ト!!
でもそんなに重くない、なんだろ~と思っていると、魚が横になって
上がってきました。25cm位のコノシロのお腹に針が刺さっていました。

そうです、ダンゴアタックの正体はコノシロスレアタックだったのです。
ガックシ!!
底はコノシロだらけチヌ不在。

ぜーんぜん反応無いまま14時になりこのまま終了かと思っていると
団子が割れた 後直ぐに当たりが出始めました。ここは慎重に当たりを
よく見て魚が餌を飲み込んでから、ズバッと合わせを入れると
今日2枚目のチヌが釣れました。
で、納竿、今日の釣果は・・・。
130519_155842.jpg 
他の人の釣果は下倉さん25枚、河原さん27枚、吉岡君15枚
高橋さん3枚でした。

筏や日によって釣果にムラが有るようです。
(ちなみに、1週間前は僕の上がった筏で下倉さんが26枚釣ってます。)

船長の話では「今はチヌが磯周りに行ってるから筏の下にはあまり
入ってないよ、でも潮が大きい時は大きな群れが筏に入ってくると
思うよ」だそうです。

【今回の釣行で大会に向けて感じた事】
10時30分の潮返し後、長潮なのに底潮がビュンビュンです。
5Bのガン玉付けても直ぐに飛ばされてしまうくらいです。
大会当日は大潮なので相当潮が飛ぶ事が考えられます。
色々なサイズのオモリを用意しておいた方がよさそうです。

広角やるのならオモリの重いものを付けて落としこまないと
サバの餌食になっちゃうよ~。
中層釣り禁止にしないと大変な事になりそ~。
サバが釣れたら横の人とお祭り騒ぎになってまうでー。

あとはクジ運を上げ神頼み~!!

大会時、世話役をやる事になったので見かけたら声を
掛けて下さい。(人見知りですが・・・。)


悩まず、戸惑わず、チヌをクリック・クリック。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

黒工杯テスト釣行 IN 大黒神島 PART1

5月19日(日)平内渡船で小方港を4時30分に出船して、向かうは
26日の黒鯛工房杯IN広島の大会会場となる大黒神島(黒神)。
達磨会の下倉名人、河原さん、高橋さん、私と達磨会に勧誘中の
吉岡君の5人で釣行しました。

黒神は島の岸から沖に向かって5台の筏が連なっており、一番
岸側の筏に僕と高橋さん、一番沖側の筏に残り3名が上がりました。

5時30分頃釣りを開始しました。
130519_060709.jpg 
この日の潮は長潮で10時30分が干潮、水深は24m位でした。

釣り開始後5投目まで当たりも無く、餌も残ってくる状態でした。
6投目待望の当たり、でも明らかに餌取りの様なカス当たり
ズバッと合わせを入れると、軽い手ごたえ!!
「何じゃろ~」って言いながら上がって来たのは葉っぱ
では無くデベラ~!!最悪~!!
コイツが釣れる日は大体海が死んでいる事が多いからです。
その20分後高橋さんがまさかのデベラ~!!閉店ガラガラ。

そして7時頃から雨が降り始め、みんなビーチパラソルを開き
始めました。
130519_091313.jpg 
そして僕ちゃんは痛恨のビーパラ忘れ~!!本日2度目の最悪~。
8時頃に寒いわ釣れないはで
「帰りて~」と思っていると
高橋さんの竿が大きく曲がっているではないですかー。
でもラインが右往左往と走っています。35cm位のサバでした。
高橋さんの「サバが中層にわいとるよ」って言葉に、消えかかって
いた僕の心に火が付きましたやる気スイッチオーン”

水面から10m位でダンゴを割り1~2m位餌を落とし込んで行くと
コツコツと当たりが有り、その直後に竿先を押さえ込む当たりに
竿先を送り込み合わせると、35cm位のサバが釣れました。
その後サバ釣りにチェンジし10匹ほどサバを釣ると、さすがに
飽きてきました。

底釣りに変えチヌ釣りを再開しました。そして、しばらくすると
当たりが有りました。それも厄病神のデベラと似た様な当たり。
「またかー」と思いながらもバシッと合わせを入れると手に伝わる
重量感!!すぐにチヌ と分かる引き。ヤッター
でも重量感は有るけどあまりファイトしません。
上がって来たのは、出産後で弱りきった48cmのチヌでした。 
securedownload.jpg  
今年12回釣行してボーズが無かったので、ホッとしました。


悩まず、戸惑わず、チヌをクリック・クリック。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

釣り画報に載ったが・・・。

毎月20日に発売される、中国地方釣り情報誌の釣り画報
130521_220030.jpg 
に5月3日の釣行記事が載ったのですが・・・。
(99ページ)

一応、その日の釣り頭は僕だったのですが・・・。
130521_220145.jpg 
なぜか一緒に行っていた達磨会の呑村さんの写真の方が大きく出ていた。

確かに呑村さんは最長寸48cmで僕は46.5cmだったけど・・・。

「残念です。」 

なーんて一瞬思いましたが、26日の黒工杯で3位当たりに食込み
僕の名前を売ろうプロジェクトを立ち上げよ~と。(笑)

悩まず、戸惑わず、チヌをクリック・クリック。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

広島 筏師倶楽部 達磨会について。

僕が所属している筏師倶楽部 達磨会を紹介したいと思います。
カキ筏に上がりダンゴで黒鯛釣りを楽しむチームです。

去年までは「紀州倶楽部 達磨」というチーム名だったのですが、今年から名前も気持ちも一新しました。

「達磨会って釣りのチームぽくない名前だねー!」ってよく言われます。
でも達磨会は呼んで字のごとく、腕をいて人を目指すという思いで創設者が付けた名前だと思います・・・。(僕は5年前に入ったから昔の事は知りませ-ん。) 

この倶楽部は広島ではかなり老舗の倶楽部で、宮島及び阿多々島沖の筏をホームグランドとし、江田島周辺や大黒神島沖の筏などにも釣行しております。チームリーダーの下倉さんを中心に約20名のメンバーがいます。

僕の師匠の下倉さんと僕にブログをするきっかけを作ってくれた達磨会名誉会員の純海さんを紹介します。

moblog_15a82b0a.jpg
(下倉さんです。毎週日曜日に平内渡船で釣行してます。チヌ釣りの事で分からない事があったら聞いてみて下さい。丁寧に答えてくれると思いますよー。)
moblog_a1d80953.jpg
(ロクマルハンターの純海さん、とっても優しく頼れるチョイワルオヤジです。)

この御二人只者ではありません。目茶苦茶上手いです。

達磨会は下倉名人の考えたダンゴレシピ及び釣り哲学をチーム全員が伝承していく倶楽部です。 (一応僕も下倉イズム伝承者の一人です。)

最近は大会にも参加するようになり、黒工杯(K-ZERO主催)や地元チーム西瀬戸いぶし銀さん主催のいぶし銀杯にも参加しています。
CA3I0104_convert_20130421211434.jpgCA3I0040_convert_20121021202413.jpg1341750136.jpg 201211282349081b1.jpg  
今年は6月16日に行われる「WCT(西日本チヌトーナメント)の予選にも参加してみようか」って話も出ています。

まずは5月26日に行われる黒工杯に参加しますので結果報告しますねー。

これからも、ちょいちょい達磨会の宣伝をしていこうと思ってま-す。


悩まず、戸惑わず、チヌをクリック・クリック。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


ノッコミの大黒神島!!

5月3日、平内渡船で大黒神島(通称:黒神)に達磨会のメンバー3人で行ってきました。実は4月29日にも黒神に釣行ししており29枚と残念な結果に終わっていました。(黒神デビュー日となりました。)
130506_173125.jpg 
29枚なら十分なんじゃないの・・・。」って声が聞こえてきそうだけど
この時期の黒神はノッコミが始まり40~50枚位は釣れてしまう
(達人クラスなら60~100枚)異常釣果ポイントです。
(潮や餌の入り具合によって釣果にバラツキが有ります。)

かなり気合が入っており、撒き餌をいつもより多目に持っていきました。

黒神到着後、撒き餌ダンゴを大量に撒き5時30分から釣り始めました。
すると1投目から消し込む当たり、すかさず合わせると手に伝わるバイブレーション・・・ アジさんでした。

それからコンスタントにダンゴを投入するも当たり無しエサも残ってくる。
最初のチヌ当たりは6時30分、ダンゴが割れて直ぐの竿先を消し込む当たりを合わせ1枚目ゲット。

そこからボチボチ釣れ始め、8時位からはダンゴアタックが出始めました。
黒鯛が沢山居る雰囲気は感じるのだが、ダンゴが割れてからなかなか餌を食込もうとしません。これが原因で釣れるまでに時間がかかり枚数が上がらない状態でした。 でも、ほぼ1投1枚で釣れ続け、合間に40cm位のサバと30cm位のアジが釣れ13時30分に納竿。

気が付くとチヌが47枚とそこそこの暴釣となりました。
一緒に行った他のメンバーも42枚、39枚と満足の結果となりました。
moblog_6f65a9a3.jpg 
(この写真に写っている魚が全部じゃないですよー。クーラーBOXの中と筏で7枚放流しています。)

なっ・なんと!!
私が平内渡船の客で釣り頭となっちゃいました。

小方港に帰ると月間釣り画報(地方釣り雑誌)の人が待っており取材を受けちゃいました。
来月号の大竹のページに掲載されると思いますので見てくださ-い。




悩まず、戸惑わず、チヌをクリック・クリック。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


プロフィール

サト吉

Author:サト吉
広島 筏師倶楽部 達磨会のメンバーとして、世界遺産の宮島と大竹市阿多田島沖の筏をホームグランドとし広島湾各所で黒鯛の筏ダンゴ釣りで大奮闘しています。

カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。